Fences

パソコンのデータ整理用ソフト

Fencesはデスクトップを整理したり、フォルダをブロックごとに分けたりできるフリーソフトです。
無料なのは、バージョン1だけなので自分の使っているOSがバージョン1に対応しているかどうか、確認してから使うようにしてください。
対応していないOSで無理に使うと、デスクトップが動かないなどの不具合が起こりますので、注意しましょう。
Fenceとは柵のことですが、Fencesはまさに柵で区切って整理するような感覚で使えるソフトです。
アイコンをブロックごとで分けることで、デスクトップ上が散らからないようにするわけです。

Fencesの特徴や使い方

まずはFencesをダウンロード、インストールします。
詳細の設定は後回しにし、ひとまず簡単な設定だけします。
インストールする時に推奨されているものを選択し、先に詳細の設定をしたい場合はFencesの設定へと進みます。
簡単な設定だけして、とりあえず使ってみる場合は、青い枠の×印をクリックして終わらせましょう。
Fencesで使うフェンスの色などのカスタマイズは、最初から用意してあるテンプレートを選んで行います。

フェンスを増やしたい場合、デスクトップの何もないところで右クリックしたままで斜めにドラッグ・ドロップを行うと、英語で「新しいフェンスをここに作る」と表示されるのでクリックし、ラベル名を付けたらOKにして完了です。
フェンスを移動したい場合は、フェンスの名前横をクリック、その後ドラッグ・ドロップして好きな場所に移動させます。
フェンスのエッジ部分にマウスカーソルを合わせ、クリックしドラッグ・ドロップすると拡大や縮小もできます。
設定変更はラベル横にカーソルを合わせて右クリックします。
操作はかなり単純で覚えやすく、ほとんどマウスで可能なので便利です。

なお、フリーソフトには広告収入のためにこちらとしては不要なソフトがついてくる、ということも多いです。
インストール中に英語で書いてあるとよく分からないから、と読まずにどんどん進めていると、こういった不要なソフトまでインストールしてしまうことがあります。
面倒でも翻訳ソフトなどを使って、英語で書いてあることをきちんと確認するか、後から不要なソフトはアンインストールするなどしましょう。
パソコンに詳しい人であれば、インストールの時に不要なソフトはインストールしないよう、自分で設定することも可能です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です