AnySend

Windowsのパソコン、Mac、Androidでワイヤレス通信できる

AnySendはマルチデバイス環境の人にとって、かなり便利なアプリです。
Android、パソコンのいずれにもAnySendをインストールしておくことで、同じ無線LANに接続しているデバイス同士であれば、簡単にファイルのやり取りができるのです。
Macユーザーの人であれば、AirDropに近いものとイメージしてもらえば良いでしょう。
なお、iPadやiPhoneで使えるiOS版は開発中ということです。

AnySendの使い方と特徴

AnySendをインストールし起動すると、ステータスバーのところにアイコンが表示されます。
同じ無線LANに接続しているAnySendをインストールしているデバイスは、ここで確認することができます。
Windowsのパソコンでは、タスクトレイに表示されます。
Androidの画面は、オシャレな雰囲気のインターフェイス、フォントとなっています。

ファイルを送信したい時、パソコンから送るなら送りたいファイルを右クリックやショートカットキーを使ってコピーします。
それからカーソルをAnySendのアイコンまで持って行くと、ファイル内容が表示されますので送りたいユーザー名をクリックすれば、送信できます。
ファイル単位での送信だけでなく、圧縮していないフォルダーを送信することもできます。

1度コピーすれば、クリップボードの内容が上書きされない限りはそのままなので、うっかりウインドウを閉じてしまった、という時でも心配する必要はありません。
このように、非常に簡単な操作でファイルを送信できますから、パソコン初心者だという人でも安心して使えます。

受信する側のスマホには、受信するかどうかを確認する画面が表示されるので、Acceptを押して許可すれば受信が始まります。
無線LANを経由しているので、送ったファイルが届くのが非常にスムーズになります。
Androidのスマホ側から送信したい時は、共有メニューから送信できます。

AnySendは実用的なアプリですがデザインがオシャレですし、インターフェイスも非常に分かりやすく作られているので、ファイルの送受信という単純な作業をするだけでも、どこか楽しい気持ちにさせてくれます。
ファイルが届いたら通知もしてくれますから、送受信している間にそのことを忘れてしまうのを防げます。
パソコンとAndroidとの送受信だけでなく、WindowsとMac、Mac同士、Windows同士など別のパソコン同士でちょっとしたファイルの送受信をしたい、という時にかなり重宝します。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です