営業力を上げる

営業成績を上げたい方へ

営業職員の営業成績が上がらないと頭を抱えている企業はありませんか?
営業職員の努力不足だと決めつけるのは簡単ですが、実は方法や環境が間違っているのかもしれません。
営業力を上げる1つの方法として考えるのは、スマートデバイスの利用です。

これまで営業職のマストアイテムといえば、商品サンプル、パンフレットなどの膨大な紙の資料、シミュレーションやプレゼンをするためのノートパソコンといったものが主流でした。

鞄をパンパンにして外回りをする営業職がよく見かけられます。
ですがこのパソコンをスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスに変えるだけで、
営業力が劇的にアップするかもしれません。

デバイスを活用したシステムを利用することで、軽いiPad 1台あれば営業に回ることができます。

スマートデバイスと資料

資料はといえばクラウドサービスを利用してデータを引き出して使えばいいので、
いちいち膨大な紙の資料を用意することも、スマートデバイスをデータで一杯になることもないのです。
スマートデバイスの利点はノートパソコンと違い、電車の中やカフェなどでも直ぐにチェックができることで、届いた取引先からのメールも社内との連絡もタイミングを逃さず目を通すことができます。

これまでのように会社に帰ってメールチェックをしてビジネスチャンスを逃したとか、
帰社後にメール返信などに終われて大切なプレゼンの準備などが疎かになることもなくなるでしょう。
帰社後の作業が減れば、お客様の訪問にかける時間が長くとれるようになり、じっくり話せる時間が増え、営業成績も伸びるかもしれません。

スマートデバイスを使ったプレゼンでは、言葉では伝えにくい商品やサービスの特徴を動画や写真を使って見せることができます。
説明が思うようにはいかないという方でも、ツールがサポートしてくれます。

またインターネットやクラウドで常に繋がっているので、困ったことや顧客からの質問に答えられないときには、直ぐに調べたり社内のスタッフに確認することもできますね。
これまでのようにお待たせするということがなくなり、顧客の購入意欲を削ぐことが減るでしょう。
営業先や商品を納入した取引先で、商品にトラブルが発生したり、
不具合やクレームが出た場合には、その場で画像や映像を端末で撮影して社内に送信し、
直ぐに判断を仰いだり、その後の解決のために活用することも可能です。

こうしたスピーディーな対応はお客様の信頼を得て新たな得意先の紹介を得たり、リピーターにも繋がります。