メッセンジャー

メッセンジャーの利用価値

IT企業等にお勤めの人にとっては、お馴染みのメッセンジャーは今は高速ネットワークの時代でもあってその利用価値や存在感もあります。
企業内においては、デスクを並べてPCを一台ずつ席に置いておりますが、社内ネットワークに接続して同じデスクワークをする人のコミュニケーションツールとしても欠かすことが出来ません。
ただそのコミュニケーションのために活用されているメッセンジャーは、ほとんどの企業がフリーソフトを活用しており、セキュリティや機能上の問題点もあることも少なくありません。
メッセンジャーのシステムは、オンラインにPCが接続されるとそれが他のネットワークに接続しているPCからでも確認することが出来たり、メッセンジャーが発報されたら音やアニメーション等でリアルタイムに知らせてくれます。
また発報されたメッセージについてもログとして残せる機能があり、後でもう一度確認を行ったりすることや証明するものとしても可能です。
その他にメッセンジャーにはファイルを添付したり転送することも可能で、リアルタイムにやりとりを行うことが出来るチャット機能までも優れたシステムとなっています。

ビジネス向けメッセンジャー

そんな中ビジネス向けのメッセンジャーとして有名なのは、株式会社ハンモック社が開発したAssetView TalkManagerというのがあり、2007年8月31日に発売されたソフトです。
ビジネス専用として使うには、フリーソフトでは物足りない場合が幾つかあります。
またセキュリティの問題も生じており、そういった重要情報や個人情報が外部に漏洩する事件が相次いで起こっていることからも、強化したメッセンジャーソフトが必要です。
「企業が安心して利用出来るコミュニケーションツール」の確保を推進する上では、AssetView TalkManagerが優れているのは言うまでもありません。
その特徴は、従来のような簡単かつシンプルなメッセンジャーとしての基本的な機能があり、システムの管理者側の目線に立った管理機能、ビジネス利用出来るユーザー向けの機能、メッセージングが出来るツールとしての付加機能まで揃っていることです。
特にビジネス利用出来るユーザー向けの機能が近年は充実しており、現場の情報をそのまま克明に記録したり、議事録や会話記録としての活用、オンライン上で開催できる会議室の役割を担う働きを持っていたりします。
案件によっては、急ぎ案件もあったりする時に優先順位での仕事を割り当てたり、状況の変化によって仕事を変化させるためのツールとしての活用法も始まっています。
元々は席に在籍して一つの作業をしながら他の人とのやりとりまでも可能とする便利ツールの側面が強かったですが、在籍確認、勤務表への記録までも行えるようになるはずです。
PCを立ち上げさえすれば、勤務表に自動的に登録される仕組みになれば、勤怠管理においても優れた効果があります。
また遠隔地でもメールでやりとりを行うよりも、インターネットによって社内ネットワークにも繋げれば、フットワークの軽いやりとりが行えるので、ビジネスにも欠かせないものとなるでしょう。