ウィルスチェック

ウイルスチェックの必要性

現在アンチウイルスソフトでウイルスチェックをすることは快適なインターネット生活を送るために必要不可欠のものとなっています。
このソフトはインターネットを通じて悪意のある者が作ったウイルスにパソコンが感染しないように防御する働きを担っています。
ウイルス対策ソフトはコンピューターウイルスの感染を防止するための2種類の仕組みを持っているのです。

メリット

一つはユーザーのコンピューターに常駐し、ユーザーがアクセスしようとしているファイルを検査する、もう一つは定期的にパソコン内のファイルを詳しくチェックするものです。
パソコン内のファイルをチェックする方法はユーザーが任意で指示して行うこともできます。
このソフトを導入する最大のメリットは、使用することでパソコンのクラッシュや機密情報の漏えいなどを未然に防止することが可能になることです。
アンチウイルスソフトにはフリー、有料、法人向けの3種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。
フリーのソフトにはどんなパソコンでも簡単に導入できるというメリットがあります。

デメリット

しかしその一方で、ウイルスの検出率が悪いなどの欠点がありますね。
有料のソフトはサポートがしっかりしているという大きなメリットがありますが、ソフトによっては動作が重くなるという弱点もあります。
個人でウイルス対策ソフトを使うときは主に使っているパソコンは有料のソフトを導入し、たまに使う程度のサブのパソコンには無料のソフトを入れるという使い方が賢いやり方です。
有料のアンチウイルスソフトの中には複数のパソコンに使えるものもありますが、大半のものは1台でしか使うことができないからです。
このため、サブのパソコンにはフリーソフトを使うのが最適でしょう。
法人向けのソフトは企業などの複数のコンピュータに一度に導入できたり、クラウドや従業員のスマートフォン、タブレット端末などからの情報漏えい対策ができるなどのメリットがあります。
法人向けのアンチウイルスソフトの賢い使い方は、自分の会社のネット環境によって使い分けるということです。
従業員が普段からタブレットやスマートフォンなどから社内システムにアクセスする回数が多いのならこれらから情報が漏れるリスクがあると考えた方がよいでしょう。
しかしあまりこれらの端末を使っていないのならば、あえてこのようなソフトを導入せず、よりシンプルな機能のものを選択すれば導入のコストを抑えることができます。