生産管理

生産管理のコツ

長引く不況をもろともせず利益を伸ばしている会社や、ヒット商品の売上をどんどん伸ばしている会社があります。
こうした会社が儲かっている秘訣のひとつに、優れた生産管理があることをご存知でしょうか?
メーカーにとって売れる製品を市場のニーズに応じて、いかにタイムリーかつスピーディーに流通させるかが勝負になります。

また人気が出た商品については予想以上の売れ行きだからといって、長く欠品状態が続いていれば、消費者の購入意欲が喪失したり他者の追随を許してしまうでしょう。
いかに市場の動向を見据えて売れる商品を売れるだけ生産できるかが、利益の分け目といえるかもしれません。

それをサポートしてくれるのが、生産管理のオフィスシステムです。
生産管理のオフィスシステムの主な構成は、受注したときに納期がいつになるかを計算して即座に提示する納期回答システムがあります。
これまでの受注データ等から今後の需要を予測する需要予測システムなどもそうでしょう。

また受注数や需要予測から今後の生産計画を構築する生産計画システム、
構築された生産計画に基づき部品や原材料の調達を計画する調達計画システムといった内容です。

勝ち組が使っている生産管理システム

勝ち組の企業などで選ばれている生産管理のオフィスシステムに
「MCFrame」や「Factory-ONE」があります。
その特徴をチェックしてみましょう。

MCFrameは生産拠点ごとに生産計画を立案し、各拠点間を調整しながら生産活動を進めることができます。
複数の生産拠点がある場合の統制管理をサポートしてくれるのが魅力です。
また、中間品を見込生産しておき、受注を受けると直ぐに製造に入る半見込生産モデルが組み込まれており、リードタイムの大幅短縮に貢献します。
1つの製品で色やサイズが異なる場合でも1つの構成表で管理でき、業務負荷を軽減してくれます。

本社集中購買および拠点ごとの購買の使い分けが可能で、効率のよい仕入れにより購買コストを低減してくれるでしょう。
多数ある製品の製造プロセスに応じて柔軟な工程進捗管理を行なえるので、製造業務の効率化が図れます。
在庫推移の見える機能で先を見据えた製造手配を指示し、欠品を未然に防止してくれます。

それに対して、Factory-ONEは業種および業態に広く対応する4つの製品ラインナップが用意されているのです。
導入がしやすく早期稼働を実現し、高いコストパフォーマンスも魅力です。
また、豊富なオプションシステムがあるので、各企業ごとの細かなニーズにも応えてくれるでしょう。