在庫管理

在庫管理は難しい?

メーカーをはじめ卸売業や小売業にとって在庫管理は、常に頭が痛い問題です。
販売チャネルも多様化していているのも起因しているでしょう。

たとえば実店舗とオンラインショップで在庫が競合したり、
オンラインショップも複数のサイトを通じて運営している場合、
在庫が競合してオーダーが入ったものの欠品といったことが起こりかねません。

問題なくオーダーを受け付けて直ぐに発送可能としながら、
実際には欠品で納期が大幅に遅れたということになれば、お客様からの信頼を失いリピートはしてくれなくなるでしょう。
それどころか最近はインターネット上にレビューや口コミが掲載され、
一度でもそういった手配ミスが起これば直ぐに悪い評価が広まって行き、多くの顧客を失ってしまうこともあるかもしれません。

こうしたリスクを軽減し在庫をスムーズに調整、欠品をなくすため在庫管理のオフィスシステムの導入が求められています。

在庫管理をスムーズにする

ここで2つほどシステムを紹介していきましょう。
「glan system」
クラウドシステムのためインターネットを通じて気軽に導入することが可能で、導入コストが非常に安く済みます。。

インターネット環境さえあれば、専用のアカウントを使ってセキュリティ対策を整えた上で、
いつでもどこからでもアクセスでき、リアルタイムでの在庫把握が可能です。
情報の閲覧にとどまらず在庫管理や販売管理のプロセスを実行でき、社内はもちろん取引先との情報共有も可能です。
在庫や売上をリアルタイムで把握し、営業戦略や在庫戦略といった意思決定をサポートしてくれるでしょう。

参考:勝てる営業戦術を組み立てるには

クラウドシステムのため自社でサーバーを持つ必要がなく、保守運用も全て提供者で行いますので、ユーザーは使用するだけでよく非常に気軽に利用ができるのもメリットといえるかもしれません。

「インフュージョン」
リアルタイムの在庫把握と入出荷作業をサポートしてくれます。

倉庫におけるハンディターミナルやタブレット端末を用いてリアルタイムな在庫管理を支援してくれます。
ロットや良品・不良品別での在庫管理ももちろん可能。
出荷指示を登録すれば一筆書きピッキングリストが作成され、素早い出荷業務を可能にしてくれるのです。
オンラインによるネット販売が増えた、個人客が増え注文が小口化しているといったケースでは特に業務効率化によるコストダウンが期待できるでしょう。
さらにピッキング業務における最適な導線をスタッフに指示し、無駄な動きを回避する機能も付いています。
誤出荷による無駄な作業時間や送料のロスをなくし、顧客離れを防いでくれるのも魅力かもしれません。