データベース管理

データベース管理って何?

最近よく言われる管理システムに「データベース管理」があります。
データベース管理というのは、データℬベースを維持するうえで削除を行ったり、新しい機能を追加するなどする作業のことを言います。
データベースというのは、いつも同じものではいられません。
使っているうちにどんどん機能も情報も古くなっていきますので、データベースは常に使いやすいものに更新していく必要がありますよね。
その管理をしていくことも、オフィスでは重要なことになります。

データベース管理は誰が行うの?

データベース管理には専門知識が必要になります。
このため、システムエンジニアなどを雇って企業が専門的にやらせることが多いようですね。管理に関しては、外注をするということになるでしょうか。
ただ、すべての管理をシステムエンジニアが行うのではなく、一定の作業は社員でもすることができるようにしていることも多いです。どこまでもシステムエンジニアが請け負うのかは、やはり企業によって異なると考えて良いでしょう。
また、企業の中にシステムエンジニアがいて、その人が専門的に行っているということもあります。

データベース管理の業務内容

では、データベース管理は基本的にどのようなことが行われているのかをみていきましょう。
まず、重要になるのが「記憶」の管理になります。
どのくらいの情報を記憶しておくことができるかというのは、データベース管理をする上でとても大切なことになりますからね。
また、データベースを新しくするだけでなくそのテストなども実施します。
新しくしたときに、それが原因で障害が起きてしまうようなことがあってはなりません。
なので、きちんとテストをして「問題なく機能するかどうか」をチェックしなければなりません。

そして、セキュリティの管理ですね。
大切なデータベースが外部に流れてしまうようなことがあってはいけないので、きちんとセキュリティをかけて漏えいしないようしておかなければなりません。
データベースには、このようなこともきちんと組み込みます。
セキュリティの管理は、何をおいても絶対にやっておきたいことですね。

このように、データベースの管理ではやれることがたくさんあります。
どこまでをプロに任せるか、そしてどこまでを自分たちで請け負うか。
その見極めが必要かもしれません。だからこそ、データベース管理はとっても大変だということがわかりますね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です