顧客管理

キーボード (15)

顧客管理システムの利便性

顧客管理のオフィスシステムの導入は既にお済みでしょうか?
顧客のニーズが多様化し、かつオンラインショップなど商品や価格を比較検討しながら購入できる販路が増え、競合する業者が増えるなかで顧客管理の重要性が高まっています。
顧客管理はCRM(Customer Relationship Managemant)とも呼ばれており、顧客との関係を維持したり、管理するためのツールが顧客管理のオフィスシステムです。
現代のマーケットは飽和状態にあり、市場におけるシェアを拡大するよりも、むしろ1人1人の顧客のリピート率や購入額を上げていくことが大切になっています。
つまり店舗やブランド、商品のファンになってもらうことが、売上拡大や収益増加のポイントといえるでしょう。
そのために顧客管理のオフィスシステムを用いて、顧客の年代や性別、家族構成や好きなカラーなどの属性や購買履歴をデータとして蓄積し、いつ、誰が、何を、何個、いくらで、どんな目的で購入しているかを分析して販売促進のキャンペーンなどに利用します。
また返品やクレーム、問い合わせなどの情報も合わせて管理し、よりよい商品開発や販売スタッフの教育、セールなどのイベントに活かして行くことが可能です。

代表的な管理システム

顧客管理のオフィスシステムとしては、たとえばcustoma!があります。
これはインターネットを通じて利用できるクラウド型のサービスであるため、インターネット環境さえあれば導入や利用が可能で、導入や管理コストが非常にリーズナブルという特徴があります。
新しい商品の販売や、販売促進のための新規イベントやキャンペーン、販売方針の変更などがあった場合も、クラウド上で本部の管理者などが適宜マニュアルを更新することができますね。
販売スタッフはパソコンやスマートフォンなどを通じて、直ぐにアクセスでき、新しい商品やサービスの提供開始時に寄せられる顧客からの想定外の質問などについても直ぐに答えることができ、よりよいサービスの提供と顧客からの信頼獲得が可能となるでしょう。
またSynergy!も同じくクラウド型で導入しやすいサービスとなっています。
WEBサイト上で顧客に提供されるマイページ機能、メルマガ配信機能や双方向のメールのやりとり等を通じた顧客との様々なコミュニケーションを支援してくれるのです。
WEBアンケートやモバイルサイトでのクーポン発行、DM発送などを簡単に行なうことができます。
業種や業態を問わずマーケティングに必要となる多彩なコミュニケーション活動を行なうことができ、戦略的に顧客との関係維持、向上をサポートしてくれます。