ビジネス環境補助ツール

ビジネス環境補助ツールの目的

ビジネス環境を補助するITツールは様々ありますが、いずれも業務の効率化や業務の適正な運営をサポートする目的で作られているところに注目しましょう。
近年特に話題を集めているのはセキュリティ対策で、情報漏洩や社内での不正防止に役立つツールが求められているといえるでしょう。
特に個人情報の保護や外部からの不正アクセスに対して社会全体が敏感になっており、万が一、こうしたトラブルが発生すれば瞬く間にニュースが広まり、企業の信用を落とすことにもなりかねません。
莫大なコストをかけて情報セキュリティ対策を講じることも検討に値しますが、まずは早急にできるところから導入していきたいものです。
たとえばビジネスの環境を整えるのに最適なソフトとして「PC監視」ソフトや「リモートコントロール」ソフトがあります。
1人に1台パソコンが与えられ、インターネットにも繋がり社内にいても、仕事中であっても外部との繋がりが容易になるのです。

ビジネス環境補助ツールの課題

そんな中で社員が業務には無関係のサイトを閲覧したり、思慮のない発言や写真を外部サイトに投稿して問題を起こしたりというケースが増えています。
他のサイトの閲覧が発覚したら減給などといえば、多少の防止効果はあるかもしれません。
ですが問題は閲覧することではなく、それを通じて社員のパソコンに入っている顧客データが流失したり、軽い気持ちでの投稿が会社の信用問題へと発展することではないでしょうか?
社員のパソコンを1台1台チェックして履歴を追うなんてこともできますが、それはあまりに手間がかかり、時間の無駄です。
そこでPC監視ソフトを導入することで効率よく監視ができ、社員の怠慢や不正を防止する効果も得られるでしょう。
よく知られているソフトとしてはJP1やSystemWalkerがあります。
これに対してリモートコントロールソフトというのは、あったらいいなを具体化してくれる便利なソフトといえるかもしれません。
離れた場所にあるパソコンを遠隔操作することができるツールで、たとえば社員がシステムトラブルで困っている際に、システム部門のスタッフが直ぐに障害を取り除いたりすることが可能となります。
代表的なソフトとしてはTeamViewer、UltraVNCなどがあります。
社内のネットワークに接続された他のパソコンを他のパソコンなどを通じて遠隔操作できるもので、お互いの画面を見ながら操作方法をレクチャーしたり、直接トラブル解消をしてあげることも可能です。