勤怠管理

勤怠管理の種類

みなさまの会社ではどのように勤怠管理を行っていますか?

・タイムカードを打って月ごとに集計する
・手書きのシートやエクセルに入力したものを担当者がまとめて集計する
といった企業や店舗は今も多いかもしれません。
膨大な人数のいる大手企業でも、こうしたケースは少なくありません。
そのため決裁のために管理責任者が承認作業に追われたり、毎月の人事担当者や給与担当者の集計業務は多くの時間と労力を要します。

タイムカードやアナログで書かれたシートの集計はミスも起きやすく、効率が悪いという現実があります。
勤怠管理というのは仕事に従事した時間を明確にして、正しい給与計算のために欠かせないものです。
欠勤や遅刻、早退といった従業員1人1人の就業状況や仕事に対する姿勢をチェックできる重要なデータでもあります。
一方正確な管理を行うことで過剰な残業など労働環境への配慮も行うことができます。
現場での労働時間を本社などが労働法や就業規則に基づき厳しくチェックするうえでも、勤怠管理は重要になるのです。
にもかかわらず従業員個人や現場の責任者任せのアナログ方式では、正確性や信頼性が期待できないのではないでしょうか。

勤怠管理のシステム化

そこで導入したいのが、勤怠管理のオフィスシステムです。
たとえばリシテアでは、就業管理や工数管理の基本機能に加えて健康管理という機能もついています。
また出張などの旅費申請機能もついており、給与の支払と同時に前月の旅費や交通費の精算をシステムを通じてスムーズに行なうことができます。

また、インターネットタイムレコーダーはインターネットを利用した画期的なクラウドサービスです。
クラウドサービスのため導入コストや管理コストが抑えられ、短期間で運用開始が可能です。
従業員1人ごとに配布されるICカードを利用して管理するため、代理打刻などの不正を防止するほか、リアルタイムで労働時間のチェックを可能にしてくれます。
月末を待たずに過剰労働となっている従業員を見つけて業務負担の軽減を図ることができ、
健全な労働環境を整えることに繋がるでしょう。

集計作業も自動処理のため、ミスもなくなり集計担当者の業務を大幅に軽減してくれます。
シフトの作成、管理機能もついており、従業員がインターネット上のシステムを通じて希望を入れると店長などがその承認や調整を行う作業をサポートしてくれます。

クラウドを利用したシステムは拠点数が多い企業で、勤怠管理や給与計算は本部のみで行っているケースで導入すると非常に便利といえるでしょう。