htmlエディター

htmlエディターは、知っている人も多いかもしれませんね。
恐らく、自分でHPを作ったことがある人は、このhtmlエディターについてもご存知のはずです。
では、htmlエディターとは具体的にどのようなもののことをいうのでしょうか。
まずは、htmlエディターのご紹介をしていきたいと思います。

htmlエディターって何?

ホームページを作成する時というのは、基本的にはHTMLの文字を一つずつ打っていくという作業をします。
基本的には、これを行うことを「htmlエディター」と呼んでいたそうです。
でも、この方法ではいちいち「自分が組み立てたHTMLがただしいのかどうか」をチェックしなければなりません。
また、一番の問題は「HTMLが解らないと、使いこなすことが難しい」という欠点です。
HTMLコードは辞典などにも載っていますが、たとえば「太字にする時はどうするか」「改行するときはどうするか」のHTMLまでマスターしなければならないのは大変です。
そこで、あとから「ウェブオーサリングツール」というものが出てきました。
おそらく、多くの人が使いこなしているのはこの「ウェブオーサリングツール」のことだと思われます。

オーサリングツールといえば

ウェブオーサリングツールの代表的なものが、「ホームページビルダー」ですね。
ホームページビルダーは、基本的にはHTMLの知識が必要なく、ただ画面上に文字を打ち込んだりイラストを挿入したりするだけで、勝手にHTMLを組み立ててくれます。
このため、いちいち利用者がHTMLを組み立てるという必要がありません。
このため、素人でも簡単にホームページを作ることができ、そこが重宝されて多くの人に利用されるようになりました。

また、HTMLに精通した人が使うウェブオーサリングページといえば「ドリームウェーバー」でしょう。
こちらはHTMLの知識をきちんともつことで、はじめて使いこなすことができるソフトになります。
HTMLを書き込むと、その場できちんとどのようなサイトのデザインになるのかをチェックできるメリットがあります。このようなメリットがあるため、ある程度のHTMLをうてる人にはドリームウェーバーが向いています。
この様に、今は自分に合ったツールをある程度選択して使うことができるようになっています。
これが大きなメリットになり、HTMLエディターを購入する人が増えました。
特に、ドリームウェーバーは多くのHTMLエディターの中でもトップクラスに売れた製品で有名です。
今後も、多くの場所でこのHTMLエディターが使われていくことはまちがいありません。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です