デフラグソフト

PC画面

デフラグってなんだろう?

そもそも「デフラグ」とはどんなことを指すのでしょうか。
普段パソコンをいじっていたとしても、デフラグに関してはあまり知られていませんよね。
まず「デフラグとはなんなのか」というところからお話をしていきたいと思います。
デフラグって、何なのでしょうか。

デフラグはちょっと解りにくい側面もあるのですが、簡単に説明すると以下のようになります。
パソコンを新品で購入したとき、ハードディスクの中には以下の様にデータが並んでいます。
1111122222333333

1だったら1が連続している、2だったら2が連続している綺麗な状態ですね。

しかし、いざパソコンを使いはじまると、パソコンには多くのデータが書き込まれるようになります。
書き込んでは消去し、というのを繰り返すのがハードディスクなのですが、そういったことを続けているとデータは以下の様にぐちゃぐちゃになってしまいます。
1323132113231312231

上の並び方との違いがわかるでしょうか。
上ではきれいな連続体で数字が並んでいますが、下ではそれがぐちゃぐちゃになってしまっているのが解りますよね。
この様な状態になってしまったことを、パソコン業界の言葉で「断片化」と呼んでいます。
データの断片が並んでいる様な状態だから、断片化です。
このままだとデータがどんどん重くなり、ハードディスクの調子が悪くなってしまいますので、「デフラグ」という作業を行って「できるだけ最初の綺麗な状態に戻す」という作業を行います。
これが「デフラグ」という操作になります。

デフラグのメリットって何?

では、デフラグのメリットとはなんでしょうか。
いろいろなメリットがありますが、まずは「パソコンの起動をしたとき、早く起動させることができる」
というものがあります。
機動をしたとき、なかなか立ち上がらない…という悩みを持っている人は、デフラグソフトを使って対応をすることで、状況を改善することができるかもしれません。
また、ハードディスクの中身が整理されますので、残りの容量が増えるというのも大きなメリットのひとつです。
ハードディスクがいっぱいになっていると、やはり動きが遅くなってしまいますよね。
だからこそ、きちんと掃除をして動きやすいようにしてあげることが必要です。
ファイルの読み込みも早くなりますので、デフラグをすることのメリットは大きいですね。
デフラグソフトといえば、「スマートデフラグ3」などが有名。こういうソフトたちをしっかり利用して、パソコンを使いやすいものにしていきたいものです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です